風の名はアムネジアあらすじ/アニメ感想/ネタバレあり!結末が切ない!動画情報も!




皆様こんにちは!寒いですね~っ。すずウサです。今回も幼少期に観た印象深いアニメについて書きますよ!!

 

さて!今回は、初の90年代アニメに突入です!
風の名はアムネジアというアニメについて書きます。

 

そして!今回はこの昭和の名作!風の名はアムネジアが、なんと!

 

U-NEXT(ユーネクスト)のポイントで観られるのです!

 

ありがとう!U-NEXT様!!

 

今ならU-NEXTに登録すると、31日間はいくつものアニメが無料で観られます!

 

探せばメガゾーン23や吸血姫美夕など、昭和のアニメも無料観られるのです!

※2017年6月現在

 

今だと、この風の名はアムネジアは、U-NEXTに登録した際にもらえるポイントで観られます!
※2017年6月現在

 

風の名はアムネジアをU-NEXTのポイントでお得に観れるのはコチラ!
でも本当に無料?

 

うまい話には裏があるんじゃない?

 

登録が面倒なんじゃ・・・

 

解約できるの?

 

そう思ったあなた!

 

大丈夫です!

 

無料で登録して、一切お金をかけずに動画を楽しめる方法を、画像付きで詳しく説明したページを作りました!

 

U-NEXT(ユーネクスト)で無料トライアルから解約までお金をかけずに楽しむ方法

 

これで、安心して風の名はアムネジアを無料でお楽しみいただけます!

 

『風の名はアムネジア』って?

まず、タイトルにもあるように、この作品は90年劇場版アニメとして制作されましたが、原作は菊地秀行氏が83年に書いた作品です。
お話は、、、舞台は199X年(北斗の拳か!)、世界に突然一陣の風が吹きます。

それ以降、世界中の人々は、言語や知識を含め、一切の記憶を無くします。
アメリカ合衆国をジープで横断する少年ワタルを通して、文明が崩壊した世界を観て回る、簡単に説明するとそんなお話です。


アムネジアとは、「健忘」という意味で、すべてを忘れる原因となった風のことを指します。
では、なぜアムネジアをうけたのにワタルはジープを運転できるのか?
それは、ワタルも一度は風をうけてすべてを忘れ、原始人同様となり、飢えて暫くあちこち彷徨います。
すると、とある廃屋のような場所で、ジョニーという少年に出会います。

なんとジョニーは言葉も喋れて、知識もあるのです。

その廃屋はかつては軍の施設で、いろんな人体実験が行われていました。

ジョニーはその実験で、物を通常とは違う方法で記憶するように脳をいじられていた為、アムネジアが来ても忘れることがなかったのです(ちなみに風の名をアムネジアと名付けたのもジョニーです)。
ジョニーはワタルに言葉や車の操縦の仕方、また、この世界で生きていく為のありとあらゆる知識(銃の使い方含む)を伝え、そして世界を観て回る、という望みをワタルに託しこの世を去ります。
ワタルはジョニーの意思を継いで、ジープでアメリカを横断します。

途中ソフィアという、知識を持った謎の美女と会います。

二人はとある賭けをして、共に旅をします。


そこで出会う人々。

世界はどのように変化していくのか?それは退化なのか、進化なのか?

また謎の美女、ソフィーの正体とは?的な。

感想と惹かれポイント

U-NEXT

まず、絵がとても綺麗!ワタルがアメリカ大陸を横断していくのですが、荒廃した世界の四季を、とても美しく描いています。


その美しい世界で、言葉を持たずただ欲を満たすために生きる人々の姿は、子供心に衝撃的でした。。。

もし、自分が同じように何もかも忘れたら、一体どうなるのだろうか、あの厳しい野生の生存競争の中生きて行けるのだろうか?

と、夜な夜な考えてはビビりまくってました(苦笑)

そして、観るものすべてを吸収し、純粋な目で世界を観て回るワタルの姿に、今でいうところの「萌え!」を感じました!(笑)
純粋ゆえに、傷つく事もあったりと、いろんなことがありますが、それでもワタルは旅をやめません。

冒頭に「故郷の空」の草笛が流れます。

そして物語の最期にも同じ「故郷の空」が流れます。

同じ曲なのに、最後は少し鼻の奥がツンとします。

ずるいっ!

この作品は、子供でもなかなか感慨深く観られる作品です。

そして、大人にも勧められるかと思います。

 

しかしながら、、、、お子様がご両親と観るには、少し恥ずかしいシーンが最後の方にあるので、そこは要注意ですよ。

 

そんな美しくもやや大人な昭和のアニメ、風の名はアムネジアを、U-NEXT(ユーネクスト)のポイントで観てみませんか?

風の名はアムネジアをU-NEXTのポイントでお得に観れるのはコチラ!

 

U-NEXT(ユーネクスト)で無料トライアルから解約までお金をかけずに楽しむ方法

 

 

 

本日の一言

コストコに行けば、数年は生きて行ける気がします。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です