雲のように風のようにあらすじアニメ感想ネタバレあり!ジブリかと思った




みなさま、こんにちは。
中身はヲタク、見た目はキレイなお姉さんになりたいすずウサです。

でもヲタな中身も愛してます。すずウサです。

さて、そんなすずウサが90年代の幼少期に観たアニメについて、今日も語っていきますヨ。

本日は、『雲のように風のように』という作品です。

スポンサードリンク

『雲のように風のように』って?

日本ファンタジーノベル大賞を最初に受賞した「後宮小説」という作品が原作で、90年に日本テレビ系列で放送された長編アニメです。

スタジオジブリ作品に多く参加しているアニメーター近藤勝也氏が作画監督をされていたことから、絵のテイストが、まさにジブリ。
お話は、、、素乾国という架空の国が舞台。

世界観は古代中国を思わせるものです。

冒頭で素乾国の皇帝が急死します。

そこから次の玉座が埋まるまで、宮廷内にはさまざまな陰謀が渦巻きます。

亡き先帝の妃は私欲のために皇太子の暗殺を企て、宦官たちは私利のために新皇帝の後宮(花嫁)を用意しようと、全国各地から花嫁候補を探し始めます。

その話にノッてきたのが、町娘の銀河。このお話の主人公です。

銀河は「三食昼寝付き」しかも学問もできるという宮女の待遇に惹かれ、都入りを決意。

故郷を後にします。

素乾城にやってきた銀河。

そこには各地から個性豊かな女達が集められていました。

同室で、寝食を共にする友人たちもできます。

そんな中、銀河は城の中で、中世的で美しい女性コリューンと度々出会います。

神出鬼没に現れるコリューンですが、実は命を狙われていたのです。

さて、半年の研修期間を経て、快活な銀河は、何人もの宮女達の中から妃に選ばれます。

そして、いよいよ自分の夫となる皇帝と初対面。

その皇帝とは、なんと、銀河が女性だと思っていたコリューンだったのです。

それはそれとして。

国内では反乱が勃発。

反乱軍は日に日に勢いを増し、数々の城を攻め落としていきます。

ほとんどの役人は、皇帝を見限り金目の物を持って都を去ります。

しかし後宮では、銀河が指揮をとり、宮女と宦官(主に宮女)で「後宮軍」を結成し、女を求めて攻めてくる反乱軍と戦闘開始。

大砲や鉄砲、投げ石機など、それぞれの能力を活かして防戦します。

さらに宮廷内にはコリューンの命を狙う先帝の妃もいるわけで。

平和な夫婦生活を送るはずであった銀河とコリューンの運命やいかに!的な。


スポンサードリンク




感想と惹かれポイント

まずですね、宮廷のなんたるや、とか、暗殺がどう、とかいう、どろどろした世界観の中に、ひょんとやってくる銀河の底なしのような明るさが、なんともアンマッチで、その合わない感がとても新鮮でした。

銀河と同室となる宮女たちとのやりとりも、妃になるためにやってきたのに、まるで女学校の寮生活、みたいな。

彼女たちの軽快な会話のやり取りが楽しかったのを覚えています。

だからこそ、反乱軍が攻め入ってきた時に、一番武術に秀でていたタミューンという女性が、槍に串刺になって殺されるシーンがとても悲劇的でした。。。

物語の結末も決してハッピーエンドではありません。

でも最後まで銀河は銀河でした。

その、なんともしんみり来るエンディングで流れてくるのが、銀河の声を担当していた

佐野量子さんの「雲のように風のように」という、タイトルにもなっている曲です。

この曲が壮大な物語の最後に流れてきて、切なさ倍増(泣)。

物語が終わった後の、銀河のコリューンへの気持ちを歌にしたような詩とメロディなのです。

本日の一言

三食昼寝付きは太りそうなので、三食住居付き程度でいいです。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です