2018年朝ドラ半分、青い。(脚本北川悦吏子)は朝ドラの3つジンクスに当てはまる?

2018年朝ドラ ジンクス




2018年の朝の連続テレビ小説の脚本家が北川悦吏子さんに決定!
しかも、北川悦吏子さんは、朝ドラの脚本は今回が初めてとなります。
これは意外(笑)

更にタイトルも半分、青い。」という朝ドラにしては珍しいものに決定しました。

2018年朝ドラ ジンクス

http://www.oricon.co.jp/より出典

どのような作品になるか楽しみですよね!

 

さて、NHKの朝ドラといえば様々なジンクスがありますよね?

 

回は、民放では数々のヒット作を生み出した北川悦吏子さんの初朝ドラ作品が、朝ドラの3つのジンクスに当てはまる?

 

そのジンクスも含めて予測していきましょう!

スポンサードリンク

2018年朝ドラの脚本家北川悦吏子の過去のヒット作

 

脚本家北川悦吏子さんといえば・・・

 

『あすなろ白書』(1993)
『愛していると言ってくれ』(1995年)
『ロングバケーション』(1996)
『ビューティフルライフ』(2000)
『オレンジデイズ』(2004)

 

など数多くのヒットドラマを生み出した人気脚本家です。

 

ドラマを普段見ないような方々でも、タイトルだけは知っている、という作品があるのではないのでしょうか?

 

その視聴率もすごいもので・・・

 

『あすなろ白書』平均視聴率27.0%
『愛していると言ってくれ』平均視聴率21.3%
『ロングバケーション』平均視聴率29.6%
『ビューティフルライフ』平均視聴率32.3%
『オレンジデイズ』平均視聴率32・3%

 

とんでもない数字ですね

 

ここ最近の朝ドラの平均視聴率は、『べっぴんさん』で20.3%、『とと姉ちゃん』が22.8%、現在放送中の『ひよっこ』が19.4%、と悪くはないけど、良くもない・・・という数字です。

 

ドラマとは数字が全てではないですが、しかし、どれだけの人が観ているか、人気があるかのバロメーターにはなるので、ここで北川悦吏子さんにオファーを出すとは・・・

 

やはりテコ入れをしたかったのではないのでしょうか?

 

では、その注目の北川悦吏子さんの初朝ドラ作品『半分、青い。』は、様々なジンクスに当てはまるのでしょうか?

 

観ていきましょう!

朝ドラの3つのジンクスその①過去の朝ドラの脇役が主役でブレイク

 

過去の朝ドラの脇役をした女優が、別作品の朝ドラの主役でブレイクする

 

このジンクスは、2013年上半期放送の「あまちゃん」でヒロインの能年玲奈さんの母親、小泉今日子さんの若い頃を演じた有村架純さんがブレイクし、その後様々な作品に出演され、今度は朝ドラの主演として戻ってきています。

 

2013年下半期放送の「ごちそうさん」でヒロインの夫の妹役を演じた高畑充希さんも、その後民放のドラマで名脇役と評価され、2016年のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』に主演で戻ってきています。

 

今回の北川悦吏子脚本の『半分、青い。』のヒロインは・・・

 

永野芽郁さんです。

http://www.cinemacafe.net/より出典

永野芽郁さんは、過去朝ドラには出演されていませんが・・・

 

NHKの大河ドラマ『八重の桜』の 第20話~第30話に山川常盤役で出演、『真田丸』千役で出演されています。

 

NHKのドラマ出演の条件が、過去にNHKに絡んでいる作品に出演していること、という噂も・・・あながち嘘ではないのかな?と。

 

更に、『半分、青い。』で脇役をされる女優は、その後日本を騒がす女優になるかもしれませんね!

 

この辺りはまだ決定していないので、今後の展開を楽しみにしましょう!

 

朝ドラの3つのジンクスその②7月に体調を崩し8月にマネジャーとケンカをし9月に精神が崩壊する

これは、2017年7月21日放送の『ダウンタウンなう』に、朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子さん出演された際に、この『7月に体調を崩し8月にマネジャーとケンカをし9月に精神が崩壊する』というジンクスを告白されました。

 

芳根京子さんが出演された『ダウンタウンなう』には、同じくゲストで、過去の朝ドラ『純と愛』で同じくヒロインを演じた夏菜さんも出演されていて、朝ドラのジンクス話で盛り上がりました。

 

それが、この『7月に体調を崩し8月にマネジャーとケンカをし9月に精神が崩壊する』というもの。

 

恐らく、過酷な地方での撮影疲れで体調を崩し、弱ってきたところにマネージャーと険悪なムードになり、色々なプレッシャーで精神が崩壊する、ということなのではないかと。

 

どちらかというとイケイケな夏菜さんと、優等生タイプの芳根京子さん、まったく異なるような女優ですが、この『精神崩壊』に関しては、とても意気投合されていました。

 

朝ドラのヒロインになると、誰しも通る道なんでしょうね。

 

2018年の『半分、青い。』のヒロイン永野芽郁さんも、同じ道をたどるのでしょうか??

スポンサードリンク




朝ドラの3つのジンクスその③タイトルの最後が『ん』で終わるとヒットする

これは、都市伝説みたいなもののようですが、朝ドラ界のジンクスで、「『ん』で終わるとヒットする」というのがあるようです。

 

過去『ん』で終わるタイトルの朝ドラは・・・

 

『おはなはん』
『信子とおばあちゃん』
『おはようさん』
『雲のじゅうたん』
『おていちゃん』
『マー姉ちゃん』
『なっちゃんの写真館』
『ハイカラさん』
『よーいドン』
『おしん』
『チョッちゃん』
『かりん』
『甘辛しゃん』
『すずらん』
『ちゅらさん』
『ほんまもん』
『まんてん』
『芋たこなんきん』
『ちりとてちん』
『だんだん』
『てっぱん』
『カーネーション』
『あまちゃん』
『ごちそうさん』
『花とアン』

 

結構ありますね!!!

 

では、こうしたタイトルの最後に「ん」の付く作品の視聴率はどうなっているのでしょうか?

 

調べてみると・・・

 

最初に登場した1966年の『おはなはん』の期間平均視聴率(関東地区)は「45.8%」でした。

 

凄い数字です!!

 

その後に放送された最後に「ん」の付くタイトルの『信子とおばあちゃん』は37.8%、

『おはようさん』は39.6%、

『雲のじゅうたん』も40.1%と、となかなかの視聴率だったようです。

 

以降も最後に「ん」の付く作品は、高い視聴率を獲得していますが、極め付きは1983年に放送された『おしん』でしょう。

 

期間平均視聴率は「52.6%」、最高視聴率は「62.9%」です。

 

これは朝の連続テレビ小説の最高記録です。

 

テレビの見られ方が時代によって変化しているので、一概に比較できないのですが、視聴率全体が下がったといわれる2000年代に入っても、最後に「ん」の付くタイトルは強く、『ちゅらさん』『ほんまもん』『まんてん』といった作品はそれぞれ22.2%、22.6%、20.7%という平均視聴率となっています。

 

2003年の前期に放送された『こころ』以降は、「ん」の付くタイトルでも20%を超える作品はありませんでしたが(それでも16~19%!)、2012年の『梅ちゃん先生』で20.7%、そして2013年度放送の『あまちゃん』が20.6%、『ごちそうさん』は22.3%と、『花子とアン』も22.6%連続して高い視聴率を獲得。

 

では、2018年の朝ドラのタイトルは『半分、青い。』

 

ああ!おしい!!真ん中に『ん』!

 

しかし、句読点で終わるタイトルは今回は初!

 

何か新たなジンクスを生み出される予感がしますね!

 

 

2018年朝ドラ半分、青い。(脚本北川悦吏子)のあらすじは?

 

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。

岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。

毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生の時、病気で片耳を失聴してしまう。

そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった。

高校卒業後、彼女は持ち前のユニークな発想力を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っただ中の東京に出る。

師匠にしごかれアシスタント仲間と切磋琢磨(せっさたくま) して修業に打ち込むが、やがて挫折。

結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車。

ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。

バブルはいつの間にか終わり、世は低成長時代。

度重なる失敗の末、シングルマザーとなって故郷に戻った鈴愛は、そこで思わぬ転機を迎えることになる……。

NHKドラマより引用

 

これまでにない波乱万丈な人生のヒロインのようですね!!

 

しかも、脚本が北川悦吏子さん!

 

北川悦吏子さんといえば・・・『オレンジデイズ』(ヒロインが聴覚障害者)や、『愛してくれと言ってくれ』(W主演の一人が聴覚障害者)、『ビューティフルライフ』(ヒロインが車椅子)など、ヒロインないしは主演が、何かしらハンディキャップを背負った役、という作品で感動を生む、という印象が強いです。

 

今回のヒロインも、病気で片耳を失聴してしまうということなので・・

 

これが、感動に繋がるのか?はたまた「またこのパターンか・・・」となるのか・・・

 

いずれにせよ、楽しみであることには違いないですね!

 

 

2018年朝ドラ半分、青い。(脚本北川悦吏子)の放送予定日や話数は?

 

 

放送は、2018年4月2日から9月29日の、全156回を予定されています。

 

 

 

まとめ

今回は、NHKの2018年4月から放送予定の朝ドラ『半分、青い。』と、朝ドラジンクスについて書いてみました。
現在放送中の『ひよっこ』の今後も楽しみですし、『半分、青い。』の前には葵わかなさん主演の『わろてんか』も楽しみですが・・・
個人的に北川悦吏子さんの脚本のドラマはどれも好きで、さらにワタシは朝ドラも基本どの作品も楽しみに観ているので、大好き同士がくっつくと・・・
どうなるか、楽しみでもあり、期待しすぎて少し不安でもあります(苦笑)
何はともあれ、速報を待ちましょう!
それではここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です