赤毛のアン2017年映画化の評価は?聖地ツアー復活か?キャストや吹替え声優も




赤毛のアンとは、プリンス・エドワード島を舞台に少女アンが巻き起こす騒動や彼女の成長を描いた小説。

 

 

1908年にL・M・モンゴメリによって発表された原作は、これまでに何度も映像化や舞台化がされています。

 

 

Netfilxでもシリーズ化が決定しました!

 

 

Netfilx版赤毛のアンについては、↓のページでもストーリーなど詳しく書いています!

赤毛のアンNetflixでドラマ化!アニメとの違いやキャストは?評価も

 

 

さらに、今回、この赤毛のアンが、2017年、新たに映画化することが決定しました

 

 

映画化は、2000年に公開された「アンの結婚」から17年ぶりです。

 

 

新作『赤毛のアン』は2017年5月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開されます。

 

 

今回は映画化にあたり、新作映画のキャストや、吹替えキャスト、また、最近流行りの聖地巡礼についても書いていきたいと思います!

 

 

あと、映画化に向けての世間の声や、過去色んな人たちがアンを演じられてきたので、歴代アン達についても触れていますね。

 

 

驚きのあの人も・・・!

 

 

ではでは早速!

スポンサードリンク

2017年版映画『赤毛のアン』について

スタッフ

 

今回の実写映画版には、原作者L・M・モンゴメリの孫娘であるケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮で参加されるという!!

 

 

まさかの身内が参戦!!

 

 

これは、かなりのこだわりをもって制作されたのではないのでしょうか?

 

 

監督はジョン・ケント・ハリソン。

 

キャスト

 

主演のアン役にはオーディションによって選ばれた地元カナダ出身のエラ・バレンタインを抜てき。

赤毛のアン キャスト

 

 

 

 

因みにNetflix版ですと、エイミーベス・マクナルティが演じています。

赤毛のアン キャスト

 

 

 

しかし、、、過去の映画版アンを演じたミーガン・フォローズ

赤毛のアン キャスト

 

当時ミーガンは16歳。

 

 

ミーガンは、3000人の応募者から、アンを演じるには年がいきすぎていると心配されながらも、監督のケヴィン・サリバンの推しで役を得ました。

 

 

そして、このアン・シリーズは今でもカナダのテレビシリーズ史上、最も世界中で成功したシリーズに!

 

 

しかしそのヒットから、、、ミーガンは赤毛のアン以降、ミーガン=アンのイメージが強すぎて、作品に恵まれませんでした。。。

 

 

現在の二人のアンもそうならないことを祈るばかりですね(苦笑)

 

 

マシュウ役に名優マーティン・シーン

赤毛のアン キャスト

 

 

アメイジングスパイダーマンや、ザ・ホワイトハウスなど、割と悪が強い役を多くされている方ですが、、、アンに愛情を注ぐマシュウ役、、、貫禄はありそうですね(苦笑)

 

 

厳格だが愛情深いマリラ役にカナダの名女優サラ・ボッツフォード

 

赤毛のアン キャスト

 

優しそうなマリラになりそうですね

赤毛のアン聖地巡礼

 

さて、赤毛のアンと言えば、、、カナダのプリンスエドワード島で有名すよね!

 

 

映画が流行した当時、聖地巡礼として、プリンスエドワード島をめぐるツアーが流行りました。

 

 

最近は「君の名は。」や「あの花の名前を僕たちはまだ知らない」などの、アニメの舞台の聖地巡礼なども行われているようで。

 

 

今流行りの、聖地巡礼(笑)

 

 

赤毛のアンの聖地巡礼復活なりますかね??

 

 

因みに今ですとこのようなツアーが!

 

≪★赤毛のアンツアー&毎朝食付!≫★プリンスエドワード島ツアー 5日間
15.28~15.98万円(4月)
ひとり旅からグループ旅行、ウェディングから留学までプリンスエドワード島のことならなんでもおまかせ!

 

 

 

添乗員がご案内する (関空発)名作の舞台プリンスエドワード島とナイアガラの滝・バンクーバー
41.99万円(5月)
■「赤毛のアン観光」では物語の世界を巡ります!

■物語にちなんだ「カントリーディナー」をご用意!

 

 

 

≪★赤毛のアンツアー&毎朝食付!≫プリンスエドワード島ツアー 6日間
15.88~16.58万円(4月)
プリンスエドワード島国立公園(キャベンディッシュビーチ)・キャベンディッシュ合同教会・郵便局・グリーンゲイブルス・お化けの森・恋人の小径・モンゴメリーのお墓と生家・フレンチリバー・グリーンゲイブルス博物館・ケンジントン駅を1日で巡ります。

 

 

ピンキリですね、、、。

ご予算に余裕のある方は、ぜひとも行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




プリンスエドワード島画像

因みに、こんな感じです。

 

赤毛のアン プリンスエドワード島

 

 

赤毛のアン プリンスエドワード島

 

どの風景も絵葉書のように素敵です。。。

 

 

訪れた人は、この風景を見ただけで涙するという噂も。

 

 

これがアンの原点となったグリーンゲーブルズです。

 

赤毛のアン プリンスエドワード島

 

 

物語にもしばしば登場する「恋人の小径」「お化けの森」といった小道もグリーン・ゲイブルズから続いていて、気軽に散策することができますよ。

赤毛のアン プリンスエドワード島

 

 

 

映画版吹替えキャスト

2017年版映画赤毛のアン吹替えキャスト

 

モデルでタレントの岡田結実さんが主人公アン役の日本語吹き替え版声優を務めるとのこと!

 

赤毛のアン 吹替えキャスト

 

 

岡田さんにとって、声優は初挑戦。

 

 

この抜擢の理由は、主演のエラ・バレンタインの年齢に近く、かつ明るい性格の持ち主であるから、とのこと。

 

 

「アンの声優は生半可な気持ちでは成し遂げられないと思うので、たくさん練習してアンらしく!かつ、自分らしさも出せていけるように精一杯頑張ります」

「声優さんにしか出来ない仕事だと思っていたので、実際に自分がやるなんて考えたこともなかったです。
プレッシャーをすごく感じますが、やるからにはしっかり声優を務めたい」

「私も明るい子と言われますが、アンは違う明るさを持つ女の子だなと感じました。
決して育ってきた環境が良いとは言えないけど、そんな自分の置かれた状況も常に前向きにとらえて、人生を楽しむことが出来ているのは、ひとりの女性としてすごく素敵だなと思います。私も見習いたいです」

岡田結実さん

 

 

嗚呼。。。やっちゃいましたよ。。。。タレント起用(苦笑)

 

 

その出来はどうなのでしょうか???

 

 

劇場で確認してみましょう

 

 

過去の劇場版赤毛のアン吹替えキャスト

 

実は過去の作品でも、タレントが起用されています。

 

 

ソフト版は声優の鶴ひろみ(ドラゴンボールのブルマ役)さんという、今やベテランの方がされているのですが、フジテレビで放送された赤毛のアンでは、なんと藤谷美紀さんでした。

 

 

藤谷さんはドラマや映画で活躍されていますが、実は声優も少しされています。

 

 

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-では、ヒロインの神谷薫役をされていましたね。

 

 

アンの時もるろうに剣心のときも思いましたが、そこまで違和感なくされていました!

 

 

つまりお上手でした(笑)

 

 

な、だけに、今回の岡田結実さんはどうなるのか、、、こわやこわや!

 

 

頑張っていただきたいですね!

 

劇場版の評価は?

過去の劇場版の評価

 

人によっては「長い」と思うかもしれないが、見所は満載。アンがマシューとともに馬車で駅からグリーン・ゲイブルズへ向かうシーン、景色が夢のような美しさだ。
このシーンを観るだけでも価値はある。120%プリンスエドワード島に行きたくなる。

 

 

 

アン役のミーガン・フォローズは、とても可愛らしく、なかなか芸達者だ。
原作に思い入れのある方は、“やせっぽちのアン”のイメージからするとふっくらしていてるとのご不満もあるようだが、私自身は、特に違和感を感じなかった。
ダイアナがさらに“ふっくら”しているのはご愛嬌だろう(笑)。
マシュー・カスバート役のリチャード・ファーンズワースは、本当にはまり役でアンを優しく見つめる眼差しがたまらない。
マリラ役のコリーン・デューハーストも、愛情をもって、優しく、時には厳しく育てる様子を見事な演技でみせている。男の私も十分楽しめた。文句なしのお薦め。

 

 

人生でこれほど感銘を受けた作品はありません。
当時、アンと同年代だった私は何十回と映画館に通いました。
世界一美しいプリンスエドワード島を舞台に、温かな愛情、友情に囲まれ孤児だったアンが美しく、強く成長する姿は女性のみならず男性方も心をうたれる事でしょう。
また、シンプルで無駄のない、島の生活も憧れの的です。

 

 

劇場へは数回足を運んだほど素晴らしい映画でした。
ただ、席が女性ばかり雰囲気の中男一人で居るのは少々恥ずかしかったという思い出が。
原作から忠実性はともかく、映画としては素晴らしい出来ではないかと思います。
観ていると優しい涙がほろほろ出てきます。

 

高評価ばかりですね!

 

 

ワタシも観ましたが、本当に印象深い作品でした。

 

 

当時、テレビで放送されていたものをビデオに録画して、何度も何度も観たのを覚えています。

 

 

2017年版の評価

映画発表された後のTwitterより

 

 

ミーガン・フォローズの赤毛のアンからだいぶたった。いよいよNEWなアンが観れるんだ。楽しみ( ^ω^ )

 

 

よかった。映画『赤毛のアン』、原作に忠実な正統派の演出だ。楽しみ。

 

 

これまでのアン映画は、一作目以降は原作改竄がホントにもうマジ酷かった。
キャスティングが素晴らしかっただけに脚本への失望が大きかった。
今度の映画化は、モンゴメリの子孫が制作に関わってるそうだから、ストーリーの忠実な映像化に期待したい。

 

 

赤毛のアンと美女と野獣は
アニメが秀逸過ぎるので
期待と不安

 

 

なにやら、期待と不安が入り混じっているようで。。。

 

 

素敵な作品になると、、、いいなあ、、、

 

 

歴代アン達

 

さて、赤毛のアンとは、過去に様々なメディア展開がされています。

 

 

映画やアニメはもとより、日本でも舞台やミュージカルにもなっていますね。

 

 

ここで、過去アンをされた役者さんについて、画像と共に見ていきましょう!

 

ミュージカルアン達

2003年山川恵里佳さん

赤毛のアン ミュージカル

 

 

ぽいといえば、ぽいですね。

 

 

2006年華原朋美さん

 

あ、まぢか!!??とビックリしました(苦笑)

しかも華原さん、2006年といえば、、、結構危うい時期だったのではないのでしょうか(苦笑)

赤毛のアン ミュージカル

 

 

しっかりとした画像が見つからず、、、楽屋前の写真となりました。

 

 

想像がつかないです。。。

 

 

2010年島谷ひとみさん

 

20代最後の舞台が近作品だったようです。

 

 

映画だと年齢や外見が似ていることが重要視されているようですが、、、、舞台マジックですね!!

 

赤毛のアン ミュージカル

 

 

2012年神田沙也加さん

これは、なんかわかる気がします。

少しセレブ色がするアンですかね!

因みにこの時のアンの親友ダイアナ役は、元モーニング娘。の高橋愛さんがされています。

なので、神田アンと、高橋ダイアナです。

赤毛のアン ミュージカル

 

 

 

2013年高橋愛さん

ダイアナの翌年は、なんと主役に抜擢です!

赤毛のアン ミュージカル

 

 

高橋さん、アンの方があってますね!

 

 

2016年上白石萌音さん

赤毛のアン ミュージカル

 

 

2017年美山加恋さん

赤毛のアン ミュージカル

 

 

今年の事なので、まだ美山さんのアンスタイルの写真はありません。

 

 

8月13日の札幌公演を皮切りに、24日まで全国8ヶ所で上演されるようです!

番外編

きゃりーぱみゅぱみゅさん

 

ご自身のTwitterでアップされていた画像。

 

 

めっちゃかわいいですね(笑)

 

まとめ

 

こうしてみると、過去いろんな方々がアンをされているのですね。

 

 

ピッタリすぎてその後の仕事に影響が出た女優もいれば、親友役から主役にスライド、そこからさまざまな仕事をする女優もいれば、人生の低迷期にされている方もいたり、、、

 

 

様々な方が見せてきた赤毛のアン。

 

 

また、世間の評価もさまざまですね。

 

 

今回の劇場版では、どんな魅力を見せてくれるのでしょうか??

 

今回の一言

華原朋美さんがアノ時期にされていたのには本当にびっくりしました(苦笑)

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です