バレンタインはメリーズチョコレートを本命彼氏に!2018年おすすめランキング




2018年のバレンタインの年代別本命チョコ予算は?メリー(MARY’S)チョコってどんなものがあるの?と、お困りのあなたへ。
今回はバレンタイン2018年版の年代別本命チョコ予算と、メリー(MARY’S)チョコランキング10をまとめました!

 

お正月が過ぎると、すでにデパート売り場はチョコレートの特設会場が出来ていてびっくりしませんか?

 

それだけ日本ではバレンタインデーがメジャーなイベントということですよね。

 

数年前までは「義理チョコ」か「本命チョコ」のどちらかだったのに、今では友チョコや自分にあげるご褒美チョコの方が多いのかもしれませんね。

 

あなたは今年チョコを買う予定はありますか?

 

そんなあなたにお勧めの「メリー(MARY’S)」チョコランキングをお伝えします。

 

是非、最後まで読んでくださいね☆

スポンサードリンク

 

目次

バレンタインの本命チョコの選ぶ基準は?

 

バレンタインの本命チョコの選ぶ基準は?

 

あなたは本命チョコを渡すときは、市販のチョコを買いますか?

 

それとも手作りしますか?

 

お付き合いしている彼に渡すなら好みもわかるし、手作りしても大丈夫そうですが、気になる彼にチョコを渡す時は好みもわからなかったり、手作りだと出来栄えが心配になったり、好みはどうなんだろう?

 

と疑心暗鬼になってしまいそうです。

 

だったら市販のチョコを渡すのも手ですね。

 

自分がプレッシャーにならないようにすることも大切です。

 

義理チョコならお値段もお手頃なのでOKだし、そんなに考え込まなくても選べますが(男性のみなさん失礼!)

 

本命チョコとなると考えちゃいますよね。

 

彼に喜んでもらいたい。そして美味しいチョコをあげたい。

 

女性ならそう思って当たり前。

 

年に一度のチャンスですもんね。

 

そんなあなたはバレンタインの本命チョコをどの基準で選んでいますか?

 

味?

 

お値段?

 

見た目?

 

ブランド?

 

ここでは世の中の女性がどんな基準で本命チョコを選んでいるか調べてみました。

 

予算はどれくらい?

 

・予算はどれくらい?

 

本命チョコを選ぶポイントとして一番気になるのがお値段

 

アンケートによると、

 

  • 1,000円~2,000円 37%
  • 2,000円~3000円 26%
  • 3,000円~4,000円 20%

 

となり、2,000円前後の方が多いようです。

 

義理チョコが500円前後が人気のようなので、やはりお値段も気合が入りますよね。

 

バレンタイン2018の本命チョコ年代別予算

 

本命チョコを選ぶときの基準はおおまかでわかりました。

 

では年代別ではお値段にどんな違いがあるのでしょうか?

 

ここでは10代~40代の年代別にいくら位の予算でチョコを選んでいるのかを調べてみました。

 

・まずは10代 学生さんの選ぶチョコレートはどれくらいの予算?

 

500円~1,000円未満の女子が多いようです。

 

10代は「手作り派」が多いので、材料費も市販のものよりお安く済みます。

 

友チョコをあげる数も多いことから、お手頃な値段のものを選ぶことが多いようです。

 

・学生さんからOLさん、主婦の方もいらっしゃる幅広い層の20代は?

 

2,000円~3,000円が最も多い結果となりました。

 

チョコレートはお手頃な値段にしてプレゼントをプラスする女性も多かったです。

 

・キャリアウーマンや主婦層も多い30代の予算はどれくらいでしょう?

 

30代は2,000円未満という意見が多かったです。

 

「チョコプラスプレゼントを渡したいと思っています。本気の彼にはそれくらいしてあげたい」

 

という意見もあるように、20代女性同様プラスαを考えている女性も多いようです。

 

当日の食事代を払ったり、プレゼントを渡したり。

 

30代ともなると、プラスαの方を重視している印象を受けました。

 

子育て中のママが多い40代女性の予算は?

 

こちらも30代同様 2,000円未満という回答が多かったです。

 

子育て中のママは、ご主人やお子さんにあげるという方も多いと思います。

 

家族の人数分、と考えると3,000円以上のチョコを買ったりすることも多いのではないでしょうか?

 

「本命チョコは、バレンタインだから・・・という習慣的な流れで渡すけれど、高価なチョコを買うならプレゼントや食事とか、ほかのことに使いたい」

 

という女性も増えてきています。

 

予算としては一万円前後という意見が多数でした。

 

スポンサードリンク



バレンタイン2018メリー(MARY’S)チョコランキング10

チョコレートの新しい世界を広げる「カカオフュージョン」残りわずか! 「カカオフュージョン」に詰め合わされたチョコレートは、3つの異なる発酵方法で味の違いを出したもの。プレーンチョコレートながら、燻したようなスモーキーな香りの「燻」、ハーブとライムを発酵に使用したエスニックな味わいの「香」、米麹と酒粕を使い日本酒のような香りをまとった「麹」の、個性豊かな味わいが楽しめます。発酵に着目した、全く新しい考え方の一品。残りわずかですので、チョコレート通の方はこの機会に味わいの違いをぜひお試しください。 販売 メリーオンラインショップ http://maryshop.jp/shop/e/ecacaof/ #marychocolate #メリーチョコレート #cacaofusion #カカオフュージョン

メリーチョコレート(公式)さん(@marychocolate.jp)がシェアした投稿 –

 

バレンタイン2018メリー(MARY’S)チョコランキング10

 

チョコ売り場に行くと目に付くこの文字。

 

メリー(MARY’S)

 

昔からよく目にする老舗のブランドですね。

 

名前はよく見るし知ってるけど、どんなブランドなの?

 

というあなたにまずメリー(MARY’S)というブランドについて簡単にご説明しますね。

 

1950年(昭和25年)東京都においてチョコレートの製造販売を始めた約70年の歴史がある老舗です。

 

1958年2月より東京の伊勢丹でバレンタイン用のチョコレートを販売実施。

 

3日間で売れたのは、30円の板チョコ5枚、4円のカード5枚だけだったそう。

 

当時はあまり知名度がなく売れなかったようですが、翌年のバレンタインにはハート型のチョコを販売し「女性から男性へ」というフレーズを作ったのだそう。

 

サイトを検索して最初に見るのは「想いを贈る」という言葉。

 

お菓子を通じてお客様それぞれの想いを贈るお手伝いをすることで、潤いのある生活づくりに貢献するという理念がある企業です。

 

MARY’Sはもう70年近くもチョコレートの製造販売に携わっているとは知りませんでした。

 

そんな老舗のMARY’S

 

本命チョコとして購入されるものはどんなものがあるのでしょうか?

 

ランキング形式でまとめてみました。

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング10位オンライン限定 アーモンドチョコレート


⇒⇒オンライン限定「アーモンドチョコレート」の詳細はコチラのリンクをクリック!

10位 オンライン限定 アーモンドチョコレート 500g入り 1,836円(税込)

ウィスキーが効いたアーモンドチョコレートです。

これもお酒好きな彼に良さそうですね。

お酒を飲みながらアーモンドをおつまみにする。

ちょっとおしゃれな夜になりそうですね。

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング9位星の王子様チョコレート


⇒⇒ロマンチック「星の王子様チョコレート」の詳細はコチラのリンクをクリック!

9位 星の王子様チョコレート 20個入り 1,994円(税込)

星の王子様が出版されて75年。

75周年を記念してメリーとコラボしました。

文学系や、ロマンチック系の彼氏にいかがでしょうか?

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング8位 クオリティギフト 22個入り

 

8位 クオリティギフト 22個入り 3,240円(税込)

カカオの香り高いチョコレートとマロングラッセが入ったセット。

メリーの看板商品ともいえるブランデーを使用したマロングラッセです。

チョコレートを食べる合間にマロングラッセを食べると味が変わってさらにチョコレートが進みそうですね。

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング7位 ファンシーチョコレート(楽天イーグルス) 24個入り

 

7位 ファンシーチョコレート(楽天イーグルス) 24個入り 1,080円(税込)

彼がもしプロ野球のファンだったら絶対お勧めのファンシーチョコレートです。

このほかにも阪神、広島、日本ハムバージョンがあります。

箱を開けてビックリ!喜ばれること間違いなしです。

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング6位切れ者 9個入


⇒⇒渋い!「切れ者」の詳細はコチラのリンクをクリック!

6位 切れ者 9個入 9個入り1,296円(税込)

なかなかの渋いパッケージで、メリーチョコレートにしてはめずらしいチョコレートですが、だからこそのギャップがいいかと思います!

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング5位オンライン限定 柿の種チョコレート


⇒⇒オンライン限定「柿の種チョコレート」の詳細はコチラのリンクをクリック!

5位 オンライン限定 柿の種チョコレート 500g 1,944円(税込)

柿の種にチョコレートをコーティングした大人向けのチョコレート。

お酒のおつまみとしても良いのではないでしょうか?

私たち女性もつい買ってしまいそうな「限定」ものです。

オンライン限定なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング4位 ハイカカオセレクション 24個入り


⇒⇒「ハイカカオ セレクション 」の詳細はコチラのリンクをクリック!

4位 ハイカカオセレクション 24個入り 1,512円(税込)

72%カカオ配合チョコレートが産地別に勢ぞろい。

ドミニカ、エクアドル、マダガスカル産のカカオマスを使用しています。

甘すぎるチョコレートは苦手。という彼にはピッタリかと思います。

食べ比べが出来るのも嬉しいですよね。

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング3位ショコラセレクション 24個入り


⇒⇒ちょっぴり大人な雰囲気「ショコラセレクション 」の詳細はコチラのリンクをクリック!

3位 ショコラセレクション 24個入り 1,296円(税込)

ちょっと大人の雰囲気を思わせるチョコレートの詰め合わせ。

ミルク、ビター、ブロンドという三種類のチョコレートが入っています。

ちなみにブロンドとは、ミルク、ビター、ホワイトに続く「第4のチョコレート」と言われ、深くまろやかで優しい甘みの中に香ばしさが広がるという新しい味わいのチョコレートです。

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング2位 エスプリ ド メリー 15個入り


⇒⇒「エスプリ ド メリー 」の詳細はコチラのリンクをクリック!

2位 エスプリ ド メリー 15個入り 1,620円(税込)

箱のパッケージを見ると、どことなく高級感あふれるシックなロイヤルブルー。

これなら本命チョコとして渡しても「あ、なんか高そうなチョコだな」と思ってもらえるような、そんな印象を受けます。

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキング1位 ファンシーチョコレート 25個入り


⇒⇒華やかな「ファンシーチョコレート 」の詳細はコチラのリンクをクリック!

1位 ファンシーチョコレート 25個入り 1,080円(税込)

売り場でよく見かけるこのチョコレート。

一箱のなかにこれでもか!と沢山のチョコレートが入っています。

「どれから食べようかな?」とつい悩んでしまうくらい見た目も楽しいですね。

25個入りなのにこのお値段は女性も嬉しいのではないでしょうか?

 

 

バレンタイン2018年メリー(MARY´S)チョコランキングまとめ

 

メリー(MARY´S)本命チョコランキング10 いかがでしたか?

 

一口にメリー(MARY´S)と言っても色んな種類のチョコがあって正直驚きました。

 

市販のものでも、彼に喜んでもらいたい!という想いは十分彼に伝わると思います。

 

私は独身の頃、お付き合いしている頃は手作りのものを頑張って作ったりしていましたが、結婚した今では仕事、家事、育児に忙しくてなかなか作ろうという気が起きません。

 

毎年売り場に行って何気なく買っているチョコでしたが、いろんな種類のチョコを見て確かめて買おうと思います。

 

オンライン限定商品など、サイトにも沢山の種類がありますので、彼の好みや喜んでくれる顔を想像しながら選ぶのも楽しいものですよね。

⇒⇒オンライン限定商品有り!さまざまなブランドもある【ロッテ オンラインショップ】の公式サイトはコチラをクリック

 

今年の本命チョコはメリー(MARY´S)で決まり!ですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です