るーみっくわーるど炎トリッパー犬夜叉の先駆けアニメあらすじ感想!




日々寒くなってきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?すずウサです。
さて、本日は『炎トリッパー』という86年のOVAについて書きます。この作品との出会いも、もちろん『アニメだいすき!』です(笑)

炎トリッパーとは?

概要

原作は、日本を代表する漫画家、高橋留美子先生の83年読み切り作品です!

高橋留美子傑作短編集2」に掲載されています。

因みに読み方は「ふぁいやートリッパー」

あらすじ

話をざっと説明すると、主人公は女子高校生のすずこ(17)。

ご近所に住む少年周平と共に帰路についている夕方、ガス爆発事故に巻き込まれます。
いきなりビビります。

倒れるすずこ。

気が付くと、、、、、、そこは、甲冑を着た死体がごろごろ転がっている戦国時代の合戦場。


襲われそうになるすずこ。

そこに颯爽と現れた少年、宿丸(16)に助けられます。

命を救われたのもつかの間、本人の意思ガン無視で、嫁として宿丸の村に連れてかれます。
そこで目にしたのは、宿丸宅の着物入れに入っていた、周平の洋服。

周平もこっちに来ているのでは!?と、そこから周平捜索の日々が始まります。

少しづつ宿丸に惹かれていくすずこ。

そんな中、宿丸には、すずという妹がいるのですが、その妹が持っている鈴を見て、すずこは驚愕します。

なぜなら、実はすずこは幼い頃、今の両親に河原で拾われているのですが、その時にもっていた鈴と同じだったのです。

「おや!?もしかしたら、、、自分は本当は宿丸の妹すずなのではなかろうか?だとしたら、夫婦にはなれない?」と、とても冷静に突飛な発想をします。

 

ある夜、村が野盗に襲われます。村に火が放たれ、燃え盛る家から、なんとすずこの目の前で、すずが消えます。

そこですずこは確信するのです。「自分はすずで、炎に包まれそうになるとタイムスリップする」のだと。

さあ、謎に気づいたすずこ。そんなすずこと宿丸の運命やいかに!?そして、消えた周平は見つかるのか!!?

 

感想と惹かれポイント(ネタバレ含みます)

感想&声優

今でこそタイムスリップものの作品が増えてきてますが、当時は、戦国時代にセーラー服の女子高生、という絵づらが、とてもとても新鮮でした!

しかも、その主人公の声を担当されていたのが、島本須美さん!

可憐で清楚、でも芯が通っている娘さんをやらせると右に出る者はいないと思います。

このすずこちゃん、上記にも書きましたが、物凄い勢いで非現実的なことをあっさりと受け入れ、とてもとても察する能力が高いのです。

尺的な問題がほとんどだと思いますが、それを、無理なく、嫌みなく、くどくなく演じられているのが素敵なのです。。。

そして、すずこを全力で守る宿丸をされていたのが、水島裕さん!この水島さんが、、、、、素敵だったわ。。。。

まだ少女だったワタシは、男の子にこんなに一途に守られるって素敵だなあ。。。とキュンキュンしたのを覚えています。

今でも宿丸の「すずこーーーー!!!!」と叫ぶ声は、いとも簡単に耳によみがえります。

 

ネタバレ

あと、ネタをばらすと、すずこ=すず、なのですが、さらに、周平=宿丸なのです。

 

そうガス爆発で、周平はすずこよりもさらに昔に飛ばされて、

そこで宿丸として育ったのです。

 

当時この仕組みがとてもとても新鮮でしたわ。

きっと今観ても楽しめるのではないかと思います。嗚呼。。もう一度観たいっ!

本日の一言

ガス爆発後の現代が気になります。

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です