ミスミソウが実写映画化!キャストは新人か?衝撃鬱原作を無料で読める情報も!

ミスミソウ 実写映画化




衝撃の漫画、「ミスミソウ」が内藤瑛亮監督の手により実写映画化され、2018年に公開されるとのことですが・・・
内容がかなり鬱というか・・・ショッキングすぎて、R指定は間違いなしだと思うのです。
さらにキャストはどなたがされるのか・・・・気になるところではありますよね。

ミスミソウ 実写映画化

今回は、衝撃作『ミスミソウ』の実写映画化とそのストーリ、気になるキャストについて、さらに、「ミスミソウ」が気になった方におすすめの、無料でお得にミスミソウの漫画原作が読める方法についてもお伝えします!

スポンサードリンク

ミスミソウ実写映画化!あらすじは?

 

まず、この衝撃作品の「ミスミソウ」

 

どのようなお話かというと・・・

 

東京から閉鎖的な村に引っ越してきた主人公が、よそ者というだけで、過酷ないじめに遭い、それだだんだんエスカレートしていく・・・

 

という押切蓮介先生原作の、かなりダークなお話なのです。

 

 

ほのぼのとしたシーンなどは、漫画原作で言うと、序盤の序盤、主人公と家族の交流のシーンくらいです。

 

あとは、もう悲惨で残酷、そして切ないお話が進んでいきます。

 

主人公は中学生の野咲春花

 

父親の仕事の都合で東京から大津馬村に引っ越してきました。

 

野咲春花が転校してくる大津馬中学校は、廃校が決まっていて、春花の学年が最後の卒業生なのです。

 

よそ者というだけで、いじめを受ける春花。

 

 

しかし、いじめの理由は、ただよそ者なだけ、ということではなかったのが、この「ミスミソウ」の凄い所!

 

もう少しだけ我慢すれば中学校を卒業できる。

 

そんな気持ちで春花は両親にイジメにあっていることを隠していました。

 

春花には唯一、イジメから守ってくれる同級生の相場 晄(ミツル)がいてくれたために、なんとかイジメを耐えていました。

 

しかし、イジメで怪我をするようになった春花を見て両親は学校に行かなくて良いといいます。

 

実はこれがきっかけで、この後悪夢のような惨劇が始まろうとは・・・誰も思わなかったでしょう・・・。

 

不登校になった春花のせいで、佐山流美はクラスから再びイジメの標的になります。

 

流美は家に引きこもった春花を引き出そうと野咲家を襲撃するという狂気に走り・・・

 

なんと、放火事件により春花の妹は大火傷を負い、両親は亡くなります。

自分へのイジメが発展して家族の命まで奪われた。

 

春花は自分をイジメてきたクラスの同級生たちに復讐を開始するのです・・・。

 

もう衝撃ですよね・・・。

 

ミスミソウの原作の鬱漫画を無料で読める方法

 

何が鬱かって・・・

 

まず、中学生の手によって家が焼かれ家族が亡くなる、というだけでも十分ショッキングなのですが、問題はそのあとです。

 

家族を殺された春花がクラスメイトに復讐していくのですが、その様子がもう・・・・

 

例えば、目に釘を刺す。

 

どひぇーーーーーー!!!!

 

ですよ。

 

しかも、この刺されたクラスメイトの反応がただの悲鳴ではなく、

 

「え?え?これ、抜いたほうがいいの???」

 

と、妙にリアルなのが、この押切先生の凄い所です。

 

さらに、逃げようとする別のクラスメイトのアキレス腱を切り裂き・・・

 

バットで殴打。

 

さらに、もっと衝撃的なシーンがこの後にも続くのです。

 

でも、ワタシが凄く衝撃的で鬱になったのは、その生徒たちはまだ中学生な訳ですよ。

 

映画ではどこまで描かれるかわかりませんが、クラスメイト達はそれぞれ家庭でも問題を抱えています。

 

親がアル中だったり、暴力をふるったり・・・

 

でも結局、最期の時に思い出すのは、親の顔だったり、親に会いたいという気持ちなんです・・・。

 

もう胸がキュウってなりました。

 

あと、気になるのが・・・担任は何をやっていたのか?ですよね。

 

担任の南先生は女性なんですが、実はこの南先生も大津馬中学校の卒業生なのです。

 

しかし、南先生も元いじめられっ子で、昔のトラウマからか、悪口を言われると吐いてしまうのです・・・。

 

そんな先生なもんですから、いじめも完全に見て見ぬふりです。

 

ひどい!!!!

 

と思いますよね?

 

でもね、この南先生、この「ミスミソウ」のお話の中で、一番残酷な最期を迎えます・・・。

 

さらに、主人公春花をずっと支えてきてた晄クン。

 

察しがいい方は序盤から気づくかもしれませんが・・・

 

この子も色々と問題を抱えていた子なのです・・・。

 

もうとにかく何もかもがショッキング過ぎて・・・

 

気になって、全話読んじゃいました(笑)

 

そして

 

「ズーーーーーーーン」

 

と、なるのですが・・・

 

なんだか色々気になって、さらに何度か読み返すと・・・

 

最初、春花をいじめていたいじめの主犯格、小黒妙子の、非常に地味に見せていた優しさとか切ない想いとか・・・・

 

色々見えてきて・・・

 

ただのショッキングなだけの作品ではない、ということがわかります。

 

そんな「ミスミソウ」を、無料で読まれたい方は、U-NEXT(ユーネクスト)という無料動画配信サイトで、電子書籍も読めます。

 

登録から31日間は無料なのです。

 

さらに、無料登録時に600ポイントが無条件にもらえるので、ポイントでしか読めない作品もそれで観れたりします。

 

で、31日前に解約すれば、一切お金はかかりません。

 

正直ワタシもそれで観ました(苦笑)

でも本当に無料?

 

うまい話には裏があるんじゃない?

 

登録が面倒なんじゃ・・・

 

解約できるの?

 

と、あなたは思うかもしれません。

 

なので、無料で登録して、一切お金をかけずに動画を楽しめる方法を、画像付きで詳しく説明したページを作りました。

 

U-NEXT(ユーネクスト)で無料トライアルから解約までお金をかけずに楽しむ方法

 

 

これで、安心して「ミスミソウ」を無料でお楽しみいただけます!

 

 

「ミスミソウ」の漫画を31日間無料で楽しみたい方はコチラからどうぞ

 

 

是非、あの世界観を楽しんでから映画を観ていただけるといいかと。

 

もしくは、映画を観てから、原作との違いを比べるのもいいかも!

 

では、実写映画の「ミスミソウ」って、どんな感じになるのでしょうか?

 

監督は内藤瑛亮という方です。

 

監督さんから、どんな風に作られるのか予測してみましょう!

スポンサードリンク




ミスミソウ実写映画化の監督内藤瑛亮って?

 

あ、この「牛乳王子」というのは、内藤瑛亮監督のツイッターの名前です(笑)

 

内藤瑛亮監督というのは・・・1982年12月27日の34歳(2017年7月現在)で、まだ若手の監督ですが、かなりの衝撃的な問題作を撮られている方です。

 

どんな方かというと、

 

愛知県出身の、映画美学校第11期フィクション・コース高等科修了されており、初等科の卒業制作で制作した15分の学園ホラー短編映画『牛乳王子』が、「学生残酷映画祭2009」のグランプリを受賞し、スラムダンス映画祭2010などの映画祭に招待されています。

 

卒業後も社会人として働きながら自主映画を制作し続け、20012年、愛知県で2009年に起こった事件をもとにした映画『先生を流産させる会』は、衝撃的なタイトルやその内容からインターネットを中心に話題になりました。

 

さらに、2017年公開予定の『許された子どもたち』は、山形マット死事件や川崎中1殺害事件といったいじめによる死亡事件に着想を得て、加害少年と加害者家族と被害者家族を描く作品を、自主映画で作られています。

 

このような、ショッキングな作品を得意とされている監督なので・・・

 

世間の期待は高まっているようです!

 

ミスミソウが実写映画化にネットの評判は?

 

では、今回『ミスミソウ』が内藤瑛亮監督により映画化されるとのことで、ツイッターでの評判を調べてみました。

 

 

 

 

 

 

色々と話題になっていることは、間違いないですね。

 

ミスミソウが実写映画化!気になるキャストは?

 

さて、『ミスミソウ』が実写化するということで、気になるのは、やはりキャストが誰か?ということです。

 

作品自体はもう撮り終わっているということですが・・・

 

 

2017年7月23日時点では、まだ未発表です。

 

発表され次第更新しますが、ネットでは、

 

主人公の春花は、広瀬すずさんや有村架純さんなどが候補に上がっています。

 

晄クン役は、山田涼介さんや中島健人さんの名前を拝見しましたが・・・・

 

ワタシの予測では・・・

 

あまり名の知られていない方が上がってくるのかなあ・・・・と、予測しています。

 

なぜなら、内藤瑛亮監督の2017年公開の作品『許された子供達』のキャストもオーディションで一般から募ってましたし、『ミスミソウ』と同じくらい衝撃作の『先生を流産させる会』のキャストも、

 

小林香織さん、高良弥夢さん、竹森菜々瀬さん、といった、まだキャリアの浅い若手女優さんを起用されていました。

 

しかし、この主人公の春花、原作では、冒頭では少し話すシーンがありますが、復讐が始まったら・・・・

 

実は一言も喋っていないのです。

 

ということは、かなり表情が重要になってくるので・・・

 

難しくはありますよね・・・。

 

とにもかくにも楽しみです!

 

ミスミソウが実写映画化のまとめ

今回は、『ミスミソウ』の実写映画化について書いてみました。
ワタシも正直漫画が実写映画化って・・・結構デキが怖かったりするのですが(イメージが壊れるという意味で)、今回はなんだか期待ができそうな予感がします。
とにかく新情報を待っています!
それではここまで読んでいただきありがとうございました!

【PR】

【登録無料】見放題作品がたくさん!

ココだけの裏技ですが・・・

登録後30日以内に解約すれば、お金がかからず、アニメ・映画・国内/海外ドラマが楽しめます。

U-NEXTでは・・・
最初の登録時に600ポイントがプレゼントされ、
その後は毎月1,200ポイントがもらえます。
ポイントを使い最新作をよりお得に楽しみましょう
【登録無料】見放題作品がたくさん!
”登録後30日以内に解約"すれば・・・
お金をかけずアニメ・映画・国内/海外ドラマが楽しめます。
↓  ↓  ↓

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です