ペットボトルの水は未開封でも賞味期限が切れると危険?災害時の備蓄は?




ペットボトルの水は未開封でも賞味期限が切れると危険なの!?災害時の備蓄は大丈夫なのかしら…?と、気になることが満載です。
今回は、ペットボトルの水は未開封でも賞味期限が切れると危険?災害時の備蓄はどうしたらいいの?という疑問を解決したく、調べてまとめてみました。

ペットボトルの水であれば、長期保存していても大丈夫。

私はずっとそう思っていました。

日本でも、災害やミサイル問題が立ち上がり、いつ通常の生活が一変して備蓄に頼るような状況になるかわかりません。

その為にも、食料や水の備蓄を行わなければならない、と思いつつ・・・

ずっと腑に落ちなかったのが・・・

「ペットボトルの水はいつまで安全に飲めるのか」

「水は腐らないはずなのに、なぜ賞味期限が設けられているのか?」

「ペットボトルの水は、未開封であれば身体に害はないんじゃないの?あるの?」

ということ。

恐らく、同じように思われている方は多いと思います。

大事に備えていても、いざとなった時に使えなかったら、本当にショックです・・・。

あなたや私がそうならないように、できる限り調べました。

水について不安に思うあなたの悩みが、少しでも解消できればと思います。

是非、最後まで読んでくださいね。

 

ペットボトルの水は未開封でも賞味期限が切れると危険?

 

ペットボトルに入った水は「未開封であれば科学的に腐ることはない」とされています。

しかし、どのペットボトルの水にも、平均して約2年の「賞味期限」が記載されています。

当たり前過ぎてあまり疑問に持たなかったのですが、災害時の備蓄について考えていた時・・・

「水は腐らないはずなのに、なぜ、ペットボトルのミネラルウォーターに賞味期限が書かれているの?」

という点に気づいてしまいました。

まず、水の性質について調べてみます。

すると以下のことがわかりました。

まず「なぜ水は腐らないのか?」

それは、水そのものの構造としては水素と酸素のみで、腐るという現象が起こる要素がないためです。

では「ペットボトルの水にはなぜ賞味期限が書かれているのか?」

水の他に、空気中の有機物や細菌が混じると、性質が変ってしまうことがあります。

ペットボトルを開封すれば、もちろん水が空気に触れるため、性質が変わり腐ってしまう原因になることはわかります。

では、未開封のペットボトルは問題ないのでは?あの賞味期限は開封した時ってこと?

と、思いますよね。

実は、ペットボトルの水の賞味期限は、「水の賞味期限」ではなく、「ペットボトルで保存できる期間の限界」を表しているのです。

ペットボトルの性質と水の賞味期限の関係

 

そもそもペットボトルの「ペット」(PET)とは、ポリエチレンテレフタラートの略称です。

ポリエチレンテレフタラートには「わずかな気体透過性」があります。

ペットボトルは液体は通しませんが、気体をごくわずかな量ですが通してしまいます。

この性質のせいで、2つの問題が生じます。

 

①水がペットボトルの素材を透して蒸発するので、徐々に中身の量が減っていく

②外部の臭いがペットボトルの素材を透して水に移る

 

まず、①に関して詳しく説明します。

水は空気に触れると、少しづつですが蒸発して減っていきます。

例えばコップに水を入れて放置しておくとします。

すると、長い時間を経て空気に蒸発していき、少しづつ量が減っていくのです。

ではペットボトルでは大丈夫なのか?

この点は、テレビで“クリスタルガイザー”を販売している大塚食品・製品部ミネラルウォーター担当の岡崎さんがコメントされていました。

岡崎さんによると、水は完全密封されているように見えても、ペットボトルにはわずかに空気を通す性質があるため、水が少しずつ蒸発して容量が減ってしまうという。

さらに、水の量が減ると、「計量法」という法律にひっかかり、500mlのペットボトルの場合、容量の2%にあたる10mlが減って490mlになると規定違反となり販売できなくなるという。

その販売可能な10mlが蒸発するまでの期限が約2年とされているため、それに合わせて賞味期限を設定している

と、仰っていました。

この「計量法」とは、物品が適正な量を保って販売されるよう定められた法律です。

続いて、「②外部の臭いがペットボトルの素材を透して水に移る」について詳しく説明します。

ペットボトルには若干空気を通す性質を持っています。

そのため、数年間などの長期にわたってそのままにしていると、わずかに空気が入ってきます。

大塚食品・製品部ミネラルウォーター担当の岡崎さんは「ペットボトルの容器は、一般的に香りが移りやすい性質」と、指摘されています。

例えば、ミネラルウォーターを洗剤の横に置いて長期間放置すると、洗剤の香りが移り「フローラルな風味」になってしまうこともあるという。

無味無臭の水は他の臭いの影響を受けやすく、販売者としては「美味しく飲むために早めに飲んでほしい」という品質管理の思いも込めて賞味期限を設けている部分もあるようです。

この2つの現象が、ペットボトルの水の賞味期限というわけです。

まとめてみると・・・

ここまでのまとめ●水は腐らない。

●水はペットボトルに入っていても、蒸発して減っていく

●水はペットボトルに入っていても臭い移りはする

●ペットボトルの水に記載されている賞味期限は、購入した時の量と質が一番いい時の限界の期限

 

ペットボトルの水を災害時の備蓄にしても大丈夫?

 

ペットボトルの水は腐らない。

ということがここまでで分かったと思います。

では、災害時に備えて、ペットボトルの水を備蓄しておくのは大丈夫なのか?

ということです。

ここまでの流れで、「ペットボトルの水は味と風味を問題視しなければ、理論上はいつまでも飲むことは可能」ということがわかりました。

備えていることに越したことはありません。

とはいえ・・・

賞味期限が切れてから何年何年も経つと、ペットボトルが劣化して 傷ができ、そこから菌が繁殖する可能性があるので絶対に安全だとは言い切れません。

しかし、駄目になったからと言って、そのまま捨ててしまってはもったいないです。

例えば、

  • 手や洗う。
  • トイレに使う。
  • 身体を拭く。

など、使い道はなにかとありますので、何年か経って備蓄していたペットボトルの形状が劣化したり、水に臭いがついたとしても、飲み水以外の使用の為に取っておきましょう。

では、味も品質も安全に水を補完する方法はあるのでしょうか?

 

災害時の為に水の備蓄方法「CoolQoo(クールクー)」を使う

 

災害時のいざという時に、味や身体に安心な水をストックする方法なのですが、今現在「ウォーターサーバー」って流行っていますよね?

しかし、この「ウォーターサーバー」については、色んな話を聞きます。

ボトルが重くて上げ下げが一苦労
宅配は便利だけど、忙しい時でも届くとき家にいなければいけない。
水がなくなったら階に行くのがしんどい
ボトル型のウォーターサーバーは、ボトルの受取、ボトルの管理、保管、交換など手間がかかる

実際に実家の父もウォーターサーバーを使っていますが、同様の悩みを抱えていました。

なので、色々と調べたところ、「CoolQoo」というウォーターサーバーに出会いました。

この「CoolQoo」は、ボトル式のウォーターサーバーではなく、水道水をサーバーでろ過して使う、という商品です。

>>「CoolQoo」の公式HPや詳細についてはコチラをクリック<<

 

「CoolQoo」のメリット

「CoolQoo」のメリットを挙げてみます。

●労力のいるウォーターボトルの取り換えが不要

●水不足の心配が無用

●宅配不要

●ボトルの保存場所がいらない

水不足に慌てて水を買い求めなくてもいい、ということですね!

「CoolQoo」のデメリット

「CoolQoo」のデメリットを挙げてみます。

●サーバーの設置に工事が必要

●定期的なメンテナンスが必要

この二点です。

しかし、現在「CoolQoo」では設置料無料のキャンペーンが行われています。

これはかなり朗報でした!

さらに、定期メンテナンスも無料で年に1回専門のスタッフがやってくれます。

これはかなりいいですね。

デメリットではありますが、今申し込めば、デメリットの心配はないようです。

しかし、このキャンペーンは2017年11月現在の時点のものなので、いつ終了するかわかりません。

もし、今後の水の備蓄にお困り、ということであれば、一度試してみるのも手ですね!

「CoolQoo」のキャンペーンに申し込み希望の方は、↓のボタンをクリック

ペットボトルの水賞味期限まとめ

 

今回は、ペットボトルの水の賞味期限や非常時にも役に立つウォーターサーバーについて調べました。

実は私も、2011年3月11日に起きた地震のあと、近所のスーパーやコンビニに水を探しに行っても完売。

自動販売機に行っても売り切れ

とても困ってしまったことがありました。

そういう時に、この「CoolQoo」があればよかったなと思いました。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>「CoolQoo」の公式HPや詳細についてはコチラをクリック<<

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です