花見(東京)の穴場の宴会場は?混雑状況や注意事項まとめ2018年版




2018年の東京のお花見会場での穴場の宴会場ってどこ?混雑状況や注意事項が前もって知りたい!とお困りのあなたへ。
今回は、2018年の東京のお花見会場の穴場の宴会場の混雑状況や注意事項をまとめてみました!

 

桜が咲く季節、新しく出会った仲間や気軽に飲める仲間と、きれいな桜の下でドンチャン騒ぎのできるお花見。

 

今では規制が少しずつ厳しくなってしまったり、どこに行っても人込みで場所取りが厳しかったりなどしますよね。

 

今回は、なるべく人込みを避けたい!

 

ゆったりとお花見をしたい方のために東京都の宴会のできるお花見穴場スッポトを厳選しました。

 

さらに、屋外で行うお花見の必須アイテムについてもまとめました。

 

お花見の場所取りなどにお困りのあなたのお役に立てれば幸いです!

スポンサードリンク

東京のお花見の穴場の宴会場7選の注意事項と混雑状況まとめ2018年版

 

早速、東京のお花見の穴場宴会場について、2018年のおすすめを7か所まで厳選しました。

それぞれの注意事項や混雑情報もまとめました。

 

その①猿江恩賜公園

 

猿江恩賜公園

ここの特徴は、約200本の桜と一緒にスカイツリーも拝見できます。

混雑に関してましては、場所にこだわらなければ休日も十分場所を確保でき、東京ならではのお花見を堪能できます。

 

住所:〒135-0001 江東区毛利2-13- 7

アクセス:都営地下鉄新宿線(S13)・東京メトロ半蔵門線「住吉」(Z12)下車 A3出口 徒歩2分
JR総武線「錦糸町」南口下車 徒歩15分

休園日:なし

営業時間:常時開園

入園料:無料

トイレ:あり 5カ所

【お花見情報】

場所取り禁止、ペット連れ可、宴会可、酒の持ち込み可、火気使用禁止、駐車場無し

 

 

その②葛西臨海公園

葛西臨海公園

デートスポットして有名ですが、春の桜も大変見ごたえがあります。

 

規模の大きい公園のため、十分に場所を確保することができます。

 

満開の時期の週末になれば混雑しますが、午前中早めの時間に向かえば絶好の場所の確保も可能です。

 

海沿いにあるため、防寒は必須です。

 

住所:江戸川区臨海町6丁目

アクセス:JR京葉線葛西臨海公園駅より徒歩1分
東京メトロ東西線西葛西駅・葛西駅から都バス葛西臨海公園行きより15分

休園日:なし

営業時間:常時開園

入場料:無料

トイレ:あり

【お花見情報】
場所取り禁止、ペット連れ禁止、宴会可、酒持ち込み禁止(バーベキュー施設は可)、火気使用禁止、駐車場あり(2700台:1時間200円、以降30分毎に100円)

⇒⇒葛西臨海公園のお花見の混雑状況や屋台についてさらに深堀した記事はコチラをクリック!

 

 

その③小金井公園

小金井公園

この公園は、50種類・約1700本の桜が植えられています。

 

お花見の名所としては有名ですが、広大な規模であるためそれほど混雑を感じずにお花見ができます。

 

桜の木の真下を確保したい方は早朝に行くほうが確実ですが、少し離れたところから桜の景色を楽しみたい方はお昼頃からでも十分です。

 

住所:小金井市関野町1-13- 1

アクセス:JR中央線武蔵小金井駅北口バス乗場2・3番から西武バスに乗り「小金井公園西口」下車
JR中央線武蔵小金井駅北口バス乗場4番から関東バス三鷹駅行に乗り「江戸東京たてもの園前」「小金井公園前」「スポーツセンター入口」下車

西武新宿線花小金井駅から小金井街道に出て「南花小金井」バス停から西武バス武蔵小金井駅行に乗り「小金井公園西口」下車

休園日:なし

営業時間:常時開園

入園料:無料

トイレ:あり 14カ所

【お花見情報】
場所取り禁止、ペット連れ可、宴会可、酒の持ち込み可、火気使用可(バーベキュー広場あり)、駐車場あり(700台:1時間300円、以降30分毎に100円)

⇒⇒小金井公園のお花見についての詳細はコチラでより詳しくまとめています!

 

その④昭和記念公園

昭和記念公園

東京ドーム39個分の大きさを誇るこの公園には、30種類・約1500本の桜が植えられています。

 

大変大勢の人出がありますが、レジャーシートが敷けなくなるということはなく、週末にいい場所を取りたい方は開園時間に入園すれば十分場所を確保できます。

 

大人数の宴会もしやすいです。

 

住所:立川市緑町3173

アクセス:JR中央線より徒歩10分
JR青梅線西立川駅より徒歩2分

休園日:3~4月はなし

営業時間:平日9:30~17:00、土日9:30~18:00

入園料:大人410円、小人80円、シルバー210円

トイレ:あり48カ所

【お花見情報】
場所取り可、ペット連れ可、宴会可、酒の持ち込み可、火気使用不可、駐車場あり(2500台:1日800円)

⇒⇒昭和記念公園のお花見の混雑状況や屋台情報やライトアップの有無についてまとめた記事はコチラをクリック

 

その⑤新宿御苑

新宿御苑

好アクセスのわりにそこまで混雑していない新宿御苑。

 

ベンチが数か所用意されていて、そのベンチは埋まっている可能性があります。

 

しかし、レジャーシートがあれば桜の下でお弁当を食べたりできます。

 

約1300本の桜が植えられており、おすすめはなんといってもしだれ桜です。

 

本当に美しく、是非見てほしい。

 

住所:新宿区内藤町11

アクセス:東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅
JR総武線千駄ヶ谷駅より徒歩5分

休園日:月曜日、祝日の場合翌日

営業時間:9:00~17:00

入園料:大人200円、小人50円

トイレ:あり 15カ所

【お花見情報】

場所取り禁止、ペット連れ禁止、宴会禁止、酒の持ち込み禁止、火気使用禁止、駐車場あり(200台:3時間500円、以降30分毎に100円)

⇒⇒新宿御苑のお花見に役立つ情報をもっと深堀した記事はコチラ

スポンサードリンク




その⑥代々木公園

代々木公園

ここの公園には約800本の桜が植えられており、広大な敷地を芝生が覆い、ブルーシートを用意しなくてもお花見できるスポットです。

 

代々木公園のお花見は主に昼間なので、昼には大盛況になります。

 

そのため場所取りの勝負は朝です。

 

とはいえ、早朝に行く必要はなく、朝8時半くらいに場所取りをすれば十分です。

 

前日からの場所取りは禁止されているので、場所を取ったらそこから移動せずに数名でチームを組んで行動するのがいいかと思います。

 

あと、女子トイレは毎年かなり混雑します。

 

混雑状況によってはコンビニなどで借りた方がいいかもしれませんね。

 

住所:渋谷区代々木神園町2-1

アクセス:JR山手線原宿駅より徒歩3分

東京メトロ千代田線代々木公園駅より徒歩3分
小田急線代々木八幡駅より徒歩6分

休園日:なし

営業時間:常時開園

入園料:無料

トイレ:あり 10カ所

【お花見情報】
場所取り禁止、ペット連れ可、宴会可(20:00以降禁止)、酒の持ち込み可、火気使用禁止、駐車場なし

⇒⇒代々木公園のお花見についてさらに深堀した記事はコチラをクリック!

 

その⑦隅田公園

隅田公園

約640本の桜が植えられていて、隅田川の両岸を約1kmの桜並木が続いています。

 

屋台もあり、足りなくなった食料を買い足しできるのが嬉しいポイントです。

 

隅田公園のお花見は、見頃の時期は大変な混雑です。

 

しかしながら、隅田公園は川沿いに長く桜並木がつながっており、人混みで歩けない!というほどではありません。

 

桜の下のお花見をしながらの散歩を楽しみたいという方、カップルがシート1枚敷くぐらいならば特に問題なくお花見を楽しむことができます。

 

ただし、広い場所で、職場の仲間や大人数でお花見をされたい方は、早い時間から場所取りをしてくださいね。

 

住所:墨田区向島

アクセス:都営地下鉄浅草線・東京メトロ銀座線ほか浅草駅より徒歩1~5分

休園日:なし

営業時間:常時開園

入園料:無料

トイレ:あり

【お花見情報】
場所取り禁止、ペット連れ可、ライトアップあり、宴会可、酒の持ち込み可、駐車場なし

⇒⇒隅田公園のお花見についてさらに深堀した記事はコチラをクリック!

お花見の宴会に役立つアイテムは?

お花見の宴会に役立つアイテムは?

せっかくやるなら完璧な準備で楽しく過ごしたいですよね。

準備の段階から当日を迎えるまで必要な物をまとめてみました。

場所取りに便利

  • レジャーシートなどの敷物
  • 段ボール(地面がゴツゴツしている時に、目印にも役立ちます)
  • ガムテープ(シートが飛ばないように)

 

お金のこと、何かと役立つもの

  • 小銭(お花見の自動販売機はつり銭切れになっていることもよくあります)
  • 封筒(精算をきちんと行うためにレシートやお釣りを入れておくと便利)
  • 紙などのメモ帳、ペン、マジック

 

当日に役立つアイテム

  • お花見弁当
  • おつまみと甘いお菓子
  • 冷たい飲み物、暖かい飲み物
  • 冷たい氷入りの水(水割りに活躍)
  • 紙コップ、紙皿、割りばし
  • 爪楊枝
  • ウエットティッシュ
  • クーラーボックス
  • 保冷材
  • トイレットペーパー
  • バスタオル(座布団にもなるしジュースをこぼした時にも役立ちます)

東京のお花見2018まとめ

今回は東京のお花見の混雑状況や注意事項についてまとめました。

いかがでしたか?

春を迎えて楽しく過ごすお花見ですが、まだ日によって寒い日もあります。

外でドンチャン騒ぎ後、風邪を引くことないように当日の気候も忘れずにチェックしてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です