この差ってなんですか?疲れ目の差は黒目に秘密が!チェック方法も1/16放送




1月16日の「この差ってなんですか?」の”疲れ目の差”には黒目に秘密があった!そのチェック方法が気になるけど、見逃した!というあなたへ。
今回は1月16日放送の「この差ってなんですか?」の”疲れ目の差”の黒目の秘密や、そのチェック方法について、番組を見ながら更新していきます!

 

スマートフォンやパソコンを見続けて、目が疲れる・・・

 

という方、かなり多いと思います。

 

しかし、その中にも、目が疲れやすい人と疲れにくい人に差がある!

 

ということです。

 

これは驚きでした。

 

みんな等しく疲れるものだと思っていましたので、ビックリです。

 

すずウサ
今回は、「この差ってなんですか?」の疲れ目の差について番組を見ながら更新していきますので、見逃した方の参考になれれば幸いです!

 

スポンサードリンク

この差ってなんですか?疲れ目の差の回のゲストは?

このツイートの回ですね。

 

今回のゲストは・・・

  • 土田晃之さん
  • 上地雄輔さん
  • 桐谷健太さん
  • すみれさん
  • 高橋英樹さん
  • 久本雅美さん
  • 向井理さん
  • 吉岡里帆さん

 

以上8名です。

 

豪華な面々ですね!

 

疲れ目の差解説の医師は?

 

今回の「この差ってなんですか?」の疲れ目の差を解説されるのは・・・

 

梶田眼科医院の梶田雅義院長です。

http://www.kajitaganka.jp/より出典

 

梶田雅義院長の経歴はコチラです。

 

1976年 3月 山形大学工学部電子工学科 卒業
1983年 3月 福島県立医科大学     卒業:同眼科学教室 入局
1988年 7月 福島県立医科大学 眼科学 助手
1991年 3月 福島県立医科大学 眼科学 講師
1993年~95年 カリフォルニア大学バークレー校 研究員
2002年 12月 福島県立医科大学     退職
2003年~14年 福島県立医科大学  非常勤講師
2003年 6月 東京都港区芝浦3-6-3 梶田眼科院長

http://www.kajitaganka.jp/より引用

この差って何ですか?疲れ目の差は黒目に秘密が!

 

梶田雅義院長曰く、パソコンやスマートフォンを悪い姿勢で見続けることによって、疲れ目の人が増えていっていますが、そもそも疲れやすいという人は目を閉じた時、黒目が外を向いている人なのだということです!

 

今回の「この差って何ですか?」では、

 

なぜこの現象が起こるのか?

 

その原因や、自分でも簡単にできる診断法や対処法について解説していただけます。

 

この差ってなんですか?疲れ目による調査

 

50代以上の男女約2,000人にアンケートを行ったところ、

 

91.8%が目が疲れる

 

という結果に。

 

しかし、残りの8.2%の方は疲れない

 

と解答されていました。

 

多くの人が目の疲れに悩んでいるんですね~

 

待ちゆく方々にインタビューをしてみると・・・

 

  • 一日仕事をしていると、夕方には疲れてくる
  • 目が疲れると頭が痛くなる
  • 目薬を差した瞬間はスッキリするけど・・・

 

などなど。

 

皆さまお困りでいらっしゃいました。

 

この差ってなんですか?疲れ目の差の原因は?

 

目が疲れやすい人って、たんに視力が悪い人が疲れやすい、と思われがちですよね。

 

しかし、本当はどうなんでしょうか?

 

梶田雅義院長曰く、この疲れ目の差の原因は

 

目をとした時に黒目が外側を向く人

 

なんだとか!

 

意外です!

 

人の目は常にまっすぐ向いている、と思われがちですが・・・・

梶田雅義院長曰く、

 

目を閉じてリラックスした時、目が疲れやすい人は、黒目が外を向いている、

 

のだそうです。

 

すずウサ
怖いですね(苦笑)

 

しかし、閉じていると自分ではわかりません・・・

 

そこで、目が疲れやすい人をMRIで撮影してもらったVTRがありました。

 

すると・・・・

 

目を開けた状態だと、黒目はまっすぐ向いていたのですが、目を閉じた状態ですと、大きく外を向いていました!

 

ちょっと不気味でした(苦笑)

 

しかし、特に目が疲れることは無い、と仰った方のMRLをみてみると・・・

 

目を開けていても閉じていてもまっすぐでした。

 

では、なぜ目を閉じた時に外側を向いていると目が疲れやすいのか?

 

スポンサードリンク




黒目が外に向いているとなぜ目が疲れやすいのか?原因は?

 

目が疲れやすい人は、閉じている時に黒目が外を向いています。

 

その状態から、目を開けて何かを見ようとすると・・・

 

焦点を合わせるのに、眼の周りの筋肉を使い、目をまっすぐにします。

 

そして、その状態を維持します。

 

まっすぐな状態を維持することに、目の周りの筋肉を使い続けます。

 

すると、その筋肉が疲れてきて震えだし、焦点が合わなくなったりする。

 

これが目の疲労の原因なのです。

 

まとめ目が疲れやすい人は、物を観る時に筋肉を使って焦点を合わせるたため、目の筋肉が疲労し疲れ目になってしまう

 

因みに、日本人は、二人に一人が黒目が外側を向いている

 

のだそうです。

 

結構多いですね(苦笑)

 

疲れ目の差|自分が黒目が外に向いているのかチェックする方法は?

 

それでは、自分が疲れやすい目かチェックする方法を見ていきましょう。

 

なんと、たった5秒できるのです。

 

用意するのは

  • 鉛筆
  • 目隠し(スプーンでも代用可)

鉛筆を片手で持ち、目からおよそ20㎝離す

鉛筆の先端を片目で観ながら、片方の目を隠す

※この時隠した方の目も開けておくことがポイントです。

5秒数えながら、鉛筆を左右に動かし、見えている方の目で鉛筆の先端を追う

5秒経ったら目隠しを外す

 

このとき、隠していた方の目に注目!

 

目隠しを外した時に、隠していた方の目の黒目がまっすぐ前をみるように動いたら、あなたの目は疲れやすい!

 

ということになるのです。

 

ほんの微々たる動きなのですが、良く見るとわかります。

 

ご家族の方などに、注目してもらいながらやってみるといいかもしれませんね。

 

番組では、ご家族の方にスマートフォンの動画で、この様子を録画してもらって、あとからチェックしてみるといいかも、と言っていました。

 

では、黒目が外を向いていて目が疲れやすい人はどう対処すればいいのでしょうか?

 

黒目が外を向いていて目が疲れやすい人はどう対処すればいいのか?

 

簡単にあることをするだけで直せるという!

 

それは・・・

 

1時間おきに1分間目を閉じる

 

ということ。

 

休憩時間を作る、ということですね。

 

この差ってなんですか?疲れ目の差まとめ

今回は、「この差って何ですか?」の目が疲れやすい人と疲れにくい人の差についての特集を、番組を見ながら更新しました。

疲れ目の差まとめ●目が疲れやすい人は、目を閉じた時に黒目が外を向いている

●疲れる原因は、閉じている時は黒目が外側を向いている為、目を開けてまっすぐ前を見る時は目の端の筋肉を使っているから

●解消方法は、1時間に1回休める

以上。

自分が疲れ目なのかチェックは、やってみようと思います!

そして疲れ目なら、休める!

あなたも目の使い過ぎには注意です。

たまに休ませてあげてくださいね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



おすすめコンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です